メインイメージ

厳選!ローヤルゼリー比較ガイド
Royal jelly Comparison Guide

ローヤルゼリーの副作用と安全性

サプリメントは薬ではないので、基本的に副作用はないとされています。

しかしアレルギーを持つ人にも、アレルゲンは人によって違いますので、
安全だとされていてもアレルゲンが含まれている場合は、
それを摂取することでアレルギー症状を引き起こすこともあります。
こちらの解説ページローヤルゼリー摂取によるアレルギー反応も、お読みになってみてください。

ローヤルゼリーのサプリメントは、美容と健康維持に欠かせないとしてとても人気があります。
しかし、ローヤルゼリーの中には、
アレルゲンとなってしまう成分が含まれているので、場合によっては注意が必要になります。

ローヤルゼリーは天然由来の成分なので、比較的安全性が高いと言われていますが、
ごくまれにアレルギー症状を引き起こすこともあります。
アトピーや喘息の症状を引き起こす可能性のある成分が含まれるため、これに該当する人は注意しましょう。

すべての人にというわけではありませんが、
ローヤルゼリーを摂取した副作用で、出血性大腸炎を起こしたという報告が確認されています。
発見が早ければ十分に治療も可能ですが、
ワーファリンという血液をにサラサラする薬を飲んでいる人は注意が必要です。

この薬を飲んでいる人は、カラダの傷以外にも、
粘膜の出血の場合も血が止まりにくい状態になってしまいます。
もしもワーファリンを飲んでいる人は、自分の判断で飲んでしまうと万が一副作用が出た場合に危険なので、
必ず担当医の先生に相談し、飲んでもいいかどうか確認してからにするのがおすすめです。

嬢王蜂のために作られる特別食が、ローヤルゼリーです。
このイメージからすると、妊娠中や授乳中の人にもいいようなイメージがありますね。

天然由来の成分なので、人工的に作り出したものではないのですが、
妊娠中や授乳中の人に対しての安全性が確認されていないため、安易に摂取するのは避けたほうがいいとされています。
妊娠中や授乳中の場合も、担当医の先生に確認してからにしたほうがいいでしょう。

美容と健康にいいとされているローヤルゼリーですが、
場合によっては不向きとなってしまうケースもあります。

当サイトのほかにも プロポリスや蜂蜜との違いや栄養素、効果効能副作用、飲み方についての解説ページや、
高麗人参の効果効能一覧 も、とても参考になりますので、ぜひ、ご覧ください。